プーログ☆

リサイクル集団Numtackの5番目の刺客!Numtack05 aka プーチンPのブログです。格闘技、プロレスオタクでスポーツ観戦全般が趣味。プレイヤーとしては音楽、絵画、ニコ生など。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第227回ブログ「久保田武蔵とマフィア」




マフィアと久保田武蔵という感じで動画をあげました。

最近は右手を骨折したりして、生放送含めてあまり活動できませんでした。
来年こそは、、、と毎年言ってる気がしますが、、、とりあえず皆様メリークリスマス!


この動画は一応youtubeにも上げるのでその時長く色々書こうと思います。
読んでくれた皆様ありがとうございました!


スポンサーサイト
  1. 2013/12/23(月) 22:34:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

第226回ブログ「松本人志R100感想」

いきなりですが、松本人志監督作品「R100」見てきました。



以下ネタバレ注意!




まず、僕は松本監督のファンではありません。特に嫌いでもないですし
たくさんいるタレントの一人、有名人、セレブというような印象でしかないです。
なので一応はニュートラルに近いんじゃないかなと思います。

今作は4作目ということですが、今までの作品は一度も見ていません。

おいおい、なんで見に行ったのと言われると
全然ヒットしていない、、というような話を耳にしたからです。

で、そこからネタバレ系感想を書いてる方のブログを見て
観る価値があるんじゃないかと思ったんですね。

予告もよくできてますし、内容も結構気になりました。
タイトルも個人的にはキャッチーで、好みだなーと。

で見に行こうと決めたんですが、まず困ったのが
どこで上映されているか。

なるべく近場が良かったのですが、すでに上演を終えている映画館が多かったんですね。
で、調べるとちゃんとやっているところは関東でも2〜3館。
仕方なく渋谷まで足を延ばしました。

館内は思ったより人が入っていて30人くらいはいたかもしれません。
パンクラスの映画よりは活気があったかな〜って感じですね。

で、肝心の内容ですが
正直つまらなくなかったです。個人的にはもっとつまらない方が良かったですね。
そっちの方がよほどおもしろかったと思います。



というのは当初、僕は松本人志監督が
豪華なキャスト、一流のスタッフ、大規模な宣伝、豊富な資金的バックアップを
用いてどこまでやりたい放題やってくれているのか、という期待を持って見に行ったからです。

ですから、興行的に失敗した事も含めて、もしかしたら10年後カルト的な人気を
得る様な、B級映画の中でも歴史的なものになるのではないかと思っていたのですね。

でもその、なんというか、普通なんですよね。

本来、僕は心の底からガッカリしたかったのです。
そういう風な物を求めていたのです。
「俺、こんなところまで来て、何見てるんだろ、、、」
みたいな絶望感が欲しかった。


対しリアルなR100は普通にB級というか。
なんかB級という言葉すら使いたくない感じがしてしまいました。
B級感ていうのは、資金が無い上で成り立つ物でもあるので
それもあると思うのですが、なんだかひどく中途半端に見えました。

もっとやってほしかったです。

これは明らかにコンセプト重視の作品だと思うのです。
映画の中身とかそういうのは基本的にどうでもよくて、こういう映画を
とったよ、それができる監督だよっていうそういう物というか。

それでいいのですが、肝心のその部分が弱い感じがしました。

例えば映画監督を目指す専門学校生が(これは音楽でも美術でもいいんですが)
今の映画に満足できてないという様な考えを持っていて(これは目指してない人でもあるかもしれませんね)
自分は違うんだぞ!というような観点で作った作品に見えました。

本来は映画の基本と言うかセオリーを学んでから、ということが多いと思うのですが
よくいる専門学生だと最初にそれをやっちゃいたくなるんですね。
同じ土俵で勝負しないというか。

これは僕にも分かります。同じ様なメンタリティがありましたから。
専門学生だったことはないですけど、、w

ただ、当たり前ですが松本監督は僕の様な凡人とは違うので
もっといろいろ考えがあったのかもしれません。そしてセオリーを学ぶとか
その辺はもう松本監督ですから余裕ですっ飛ばします。

どんな作品かより、誰が作ったか、が大きいのはメディアでは統一された価値観ですね。


ただ、僕からすると、昔友人に見せてもらった専門学生の映画みたいだなっていう風に
見えました。それは資金も無く程よいB級感で溢れていたのですが

R100はそういう面でしっかりしすぎてて、なんとも言えない感じになりました。
もうちょっと突き抜けて欲しかったです。

あと最後の方の演出というか編集ですね、なんか息切れした感があって
もしかしたらもうちょっと短い作品の方がいいのかもしれないです。
60分映画二本立てとか。

その方が監督にあうのかなーと思いました。


ただ、こういう作品が大規模上映(当初)されるということ自体が
かなり価値があると思いますし、ぜひこれからも作っていって欲しいです。
メジャー作品内ではオリジナリティあると思いましたし、
興行収入なんて知るか、分かる奴には分かればいいんや!みたいな
メンタリティで突き進んで欲しいです。ぜひとも。

それと、個人的に見てみたいのは、原作があるものですね。
それをどういう風に映画にするのか、という興味があります。
脚本、企画、演出、松本監督だと、ユーモアにかけると思いました。

だって芸人ですからね、、、。こっちもそれを踏まえるのは当たり前ですし
全然準備ができてます。緊張感もないですし、それはもう驚きも無い訳です。

いや、映画界では、、、というのはあるのかもしれないですが
もっと笑わせてくれる映画はありますよ。

そしてそれを監督は作れるんじゃないかなぁ。
今後に期待ですね。


遅いので拍手、コメントお返事はまた今度。


近日また更新します。動画をあげるんで。
ちなみにボカロはもう一切予定がありませんw

それでは読んでくれた皆様、ありがとうございました!!






  1. 2013/11/05(火) 00:59:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第225回ブログ「空想ジオラマハート」





22時ちょうどに上がるはずです!
  1. 2013/09/21(土) 21:59:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第224「むさっしー」と拍手お返事

久々過ぎますね。すみません。



地味にこういうのを上げたりしていました!めごっち最高!


あまりにも書く事が無くて、、、でも生放送だけは続けてます!w
拍手、コメントお返事も半年くらい気付けばしてなくて、、本当すみません。
未だにチラチラと見てくれてる方がいるみたいで、申し訳なさとありがたさで複雑です><

ええと、今週末くらいに一曲アップします。
ボカロの曲です。随分前に書いたかと思うんですが
僕が返事したと思って、していなかったコラボの話があって、、、実に一年近く
そのままになっていたものがあったんですね。

で、気付いて謝罪したのですが、コラボ相手の方がとても良い方で
予定通り(僕のせいでかなり遅れてはいましたが)コラボできることになったのです。
歌詞の方が中心で、絵師、動画師の方々もついて、かなり素敵な動画になりました!
リンレン好きには良い感じなんじゃないですかね、、たぶんw
企画が僕主導ではないので毒っ気がありません!w


実は僕の手違いでアップ時期が確定ではないんですけど動画はありますので
今週末とか、近いうちにアップできるんじゃないかな、と思います。
ちなみにシリーズ物ではないです!

シリーズ物の動画のアップは期待しないで下さいね!全然やる気がありません!w


それと個人的なアルバムを作りはじめました。ボーカルは僕です。ロイドじゃないですw
5〜6曲くらいですかね。予定を決めないと絶対終らないので一応年度内までに、と思ってます。
同人音楽イベントとかに出ても良いですね。締め切りができるからww


さてそんな感じです!
ボカロの動画のアップ日時が確定したらまた更新します!
よろしくお願いします!


それではありえないくらい遅い拍手のお返事です。
本当すみません><ありがとうございます!


00:19さん

いつもありがとうございます!
考察とか、音楽とか、詳しくないという方が楽しめた、コメントを下さったというのは
とても光栄な事です。作って良かったな〜と思えます!w


628さん

いつもありがとうございます!
全曲ですか?猛者過ぎますw曲作り、順調でしょうか!
良い影響だといいんですが、、、w


20:58さん

いつもありがとうございます!
あーこういう質問はそれこそ迅速にお答えせねばいけない所、、すみません><
ドナルドはミクのことを好きというか、同じ様な存在だなって感じてたって思って下さい。
波長が合うみたいな感じですかね。この辺は恋愛というか兄弟愛とかその辺が近いかもしれないです。


プーぬさん

いつもありがとうございます!
本当に長かったですねー!!長年のお付き合い、ありがとうございました!とお疲れさまでした!
「さよなら」のフルは作られない可能性が高いですね!


bisukoさん

いつもありがとうございます!
まだまだ上げたいなーと思う動画があります!
でも迅速に動けなくなってきましたw若さが、、、><
もうそろそろ寒くなりますねorz夏はお陰さまで元気にすごせました!



以上です!読んでくれた皆様ありがとうございました!
記事コメもお返ししました!















  1. 2013/09/19(木) 00:19:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第223回ブログ「パンクラス映画 MMA ドキュメンタリー HYBRIDを見た」

全然更新してないながらも、しっかり生存しているNumtack05です。

この前の日曜日、映画を見に行きました。

「MMA ドキュメンタリー HYBRID」




パンクラスという格闘技団体の映画です。特別興行ということで、一日割引が適用されず
2000円でした。しかも一日一回上映?みたいで20時半〜と遅め。

チケット購入時、受付のお姉さんに「パンクラスの「MMA ドキュメンタリー HYBRID」を下さい。」
と言ったら全く把握してらっしゃらないご様子で、スムーズに買えませんでしたw

世界標準なのかもしれないけどMMA(ミックスドマーシャルアーツ:総合格闘技)
で通用するのはおそらく格オタのみなので、そこは普通に総合格闘技でも良かったんじゃないかなと思いました。

まぁどっちにしろこの映画を見る人は物凄く少数派で、
主催者側も多くは望んでないでしょうからいいんでしょうけどね。


映画館にはだいたい20人くらいのお客さんがいました。思ったよりは多かったです。
もちろんガラガラです。

映画の内容は、ちょっと眠くなりましたけど全体的に良かったんじゃないかなぁと思いました。
テロップとか、変な演出がなくて締まった印象でした。

圧巻だったのが試合映像ですね。セコンドから見ているかのような至近距離からの視点、
天井から降りていく様な視点、選手の生々しい表情をを捉えた視点。
普段見る事の出来ない、新鮮な切り口で長年見てきてもおっと思う様な場面が多かったです。

特に至近距離からの地味な攻防。これがいつもなら普通に見ているところなのですが
視点が近いため、コツコツとした打撃も迫力充分で、さらに音が生々しく
改めて選手ってすごいんだな、格闘技って本当に命がけだなと感じました。

映画のメインは選手達の家族や環境、普段の生活などがピックアップされていました。
知らない選手はいなかったのですが、やはり選手をじっくり知る事で
頑張って欲しいという思いは強くなりました。

特に北方大地選手のファンになりましたね。
まだまだ若い彼がこれから羽ばたいていく姿をリアルタイム見てみたい、そう思いました。

映画を見れば分かりますが、選手達の環境はやはりというか、想像していたように
とても厳しいもののようでした。

チャンピオンでも昼間は働いています。厳しい現実です。
ファンとしては、ISAO選手のような若く才能あふれるチャンピオンには
もっといい環境(フルタイムファイターとして)で専念してもらって、本場アメリカの大舞台で勝負してもらいたい
と思ってしまいますが、じゃあおまえに何かできるのかと言われると残念無力です。

でもだからこそ、日本の格闘技、応援しなきゃいけないよなと思わされました。
日本の格闘技が衰退して、もはや海外にしかメジャー団体がなく
そのメジャー団体で活躍するにはとてつもないいばらの道が待っている
それでも前を向いて、日々厳しい環境の中、鍛錬し成長していく格闘家達。

その姿はとても美しく映りました。

自分も目標達成に向けて、頑張っていきたい。
まずは目標を探す所からですが、、w

ちなみに、この映画は正直一般の人にはお勧めできません。
普通の映画より価格も高いですし、それなりの予備知識を必要としますw


以上です。読んで下さった皆様ありがとうございました!

















  1. 2013/06/05(水) 01:07:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
くりっく365の税率
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。